NUC 公益財団法人日本ユニフォームセンターはオフィスユニフォーム、学生服、スポーツウエアをはじめ企業や各種団体の制服やユニフォームデザインの研究開発をする内閣府認定公益財団法人です。

ユニフォームWEB講座 ユニフォームの歴史からその役割までたのしく学びましょう!

ユニフォーム相談室

内閣府認定 公益財団法人 日本ユニフォームセンター TEL:0120-240617 〒107-0051 東京都港区元赤坂1-4-21 TEL(03)3401-2111 FAX(03)3402-266

NUCラベル

NUCラベル エコロジーウェア

RSS

RSS情報配信について

NUCからのお知らせ

RSS

平成28年度 ユニフォーム専門資格認定<初級>講習会開催のお知らせ

2016/5/18 

当法人では平成10年度より、ユニフォーム専門資格認定制度を設け、ユニフォームに関する知識を広め、業界全体のレベルアップを図ってきました。現在では500名を超える方が資格を取得され、日々の業務に活用いただいております。
本講座は、ユニフォームの歴史から効果効用、ユニフォーム市場、服飾基礎知識、素材知識、ユニフォーム普及活動と、ユニフォームに関するあらゆる知識を網羅した構成となっております。
資格取得を通して、ユニフォーム知識を系統立てて再確認し、資格を皆様のPRツールの一つとしてお役立ていただきたく、ぜひ、この機会をご利用下さい。講習会概要とお申込みは添付書類をご覧ください。
お申込みは添付書類をダウンロードし、必要事項を記入の上FAXにて送信下さい。

平成27年度ユニフォーム基礎研究助成対象が決定いたしました

2016/4/11 

当法人は「ユニフォームの改善・改良」と啓蒙普及のための事業活動の一環として、ユニフォームに関する諸研究全般に取り組んでいる個人及びグループを対象に「ユニフォーム基礎研究助成」を行っております。
平成27年度は、公募の結果、以下の助成対象が決定いたしましたので、お知らせいたします。
■テーマ
「災害救護に携わる従事者用ユニフォームの機能・安全性と要救助側からの視点の研究」
■代表研究者
 防衛医科大学校 秋冨 慎司 様
■助成期間:1年

平成27年度第5回NUC定期セミナーを開催いたしました

2016/3/15 

平成27年度の第5回NUC定期セミナーは、「JIS T 8127 高視認性安全服――特徴的な試験について」をテーマに3月10日、2回に渡り開きました。高視認性安全服の日本工業規格(JIS)が昨年10月制定されたのを機に、原案作成委員として関わられた(一財)ニッセンケン品質評価センター防災・安全グループの竹中直氏に試験内容を解説して頂いたものです。
詳細は5月1日発行のNUC情報誌「The UNIFORM」に掲載いたします。

「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に伴う ユニフォームに関するアンケート調査」報告書発刊のご案内

2016/3/7 

NUCでは平成5年より、ユニフォームに関する意識を探るため、各種アンケート調査を行っております。今回はその一環として、「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に伴うユニフォームに関するアンケート調査」を実施いたしました。調査結果を報告書にまとめ、刊行することになりましたのでお知らせします。
この調査は2020年東京オリンピック・パラリンピックを4年後に控える中で、企業及び団体を対象にユニフォーム更新の準備状況と役割についての意識を明らかにし、ユニフォームの開発で参考に資するため実施したものです。NUCはこれまでもユニフォームに関する調査を継続的に行っていますが、オリンピック.パラリンピックに関連したアンケートは今回が初めてとなります。対象としたユニフォームは、生産、製造、各種工事用のワーキングウエア、一般事務、接客業務用などのオフィスウエア、ホテル、レストラン向けのサービスウエアです。
報告書の構成とプレスリリースにつきましては、別紙に記載しておりますので、ご参照ください。

「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に伴うユニフォームに関するアンケート調査報告書」を申し込み希望の方は、別紙の申込書に必要事項を記入し、NUC事務局までFAXまたはメールにてお申し込みくださいませ。

NUCが中学校美術教科書にご協力いたしました

2016/2/25 

NUCにて義足ウェアの制作に協力したスポーツ用義足「ラビットVer.4.0」が、中学校2・3年生で使用される光村図書発行の「中学校美術教科書」に、―夢を形にするデザイン― として掲載されました。
「デザインを工夫することで、人々の夢をかなえ問題を解決することができる」こと、「個人や社会のため、どんなものや仕組みが必要なのか、それを具体化する発想と問題解決の過程こそがデザインである」など、美術の教科書としての観点から、スポーツ用義足が紹介されています。
この教科書はNUCの事務局に設置しています。お立ち寄りの際には、是非ご覧ください。

「NUC提案 2020年東京オリンピック・パラリンピックユニフォームのプロトタイプ内覧会」を開催しました

2016/2/9 

NUCは、「NUC提案 2020年東京オリンピック・パラリンピックユニフォームのプロトタイプ内覧会」及びユニフォーム開発に関するコンセプト説明会を2月初旬、7回に分け開催しました。大会への具体的な対応が手探りの段階にある中で、NUCのキーワード「ESH(環境・安全・健康)」に沿い、先端を走る素材・技術による開発のコンセプトを開示。会員の理解と協力を求めたものです。これには延べ約130人の参加がありました。
詳細は3月1日に発行の情報誌「The UNIFORM」をご覧ください。

ホームページを更新しました!

2015/12/18 

ホームページを更新しました!
1、ユニフォームに関する思想普及、啓発事業
NUC定期セミナーの内容を追加しました
セミナー内容はこちらをご覧下さい。

また、海外視察報告書を更新しました。
報告書はこちらをご覧下さい。

2、ユニフォームに関する調査、資料収集、研究開発事業
の最新デザイン開発報告書と調査報告書を追加しました。
報告書はこちらをご覧下さい。

「ユニフォーム専門資格認定制度」認定証明書更新のご案内

2015/10/28 

当法人では、平成10年度より、新たな事業として資格認定制度を設けスタート致しました。以来、ユニフォーム担当者の専門知識レベルを一定の基準で段階的な級別の認定をすることで、より着せる側の信頼を得ることを目指しています。

この資格をより有意義に活用していただくため、更新制度を設けることとなりました。専門認定資格を有効に継続するには、更新手続きが必要です。更新手続き後、当法人より資格認定証を発行致します。有効期間は5年間です。
今年では、2010年(平成22年)に、新たに資格を取得及び更新された方々が更新対象者となります。引き続き専門認定資格を継続される方は別紙の申請書に必要事項をご記入の上、顔写真を添えて(所定の場所に貼付してください)、2015年12月15日までに下記の当法人事務局までご送付ください。
申請書提出先・問合せ先:
〒107−0051  東京都港区元赤坂1−4−21
公益財団法人 日本ユニフォームセンター
『ユニフォーム専門資格認定』係(担当 元木)
TEL 03−3401−2111    FAX 03−3402−2667

平成27年度第3回NUC定期セミナー開催

2015/10/23 

平成27年度の第3回NUC定期セミナーは10月、「繊維業界における公正な取引・取引ガイドラインについて」をテーマに開催しました。暗黒大陸とされていた業界の取引慣行は、ガイドラインに沿い改善しつつあります。こうした中、ユニフォームに関しで講師の阿部旭・繊維産業流通構造改革推進協議会専務理事は、業務条件確認項目(取引条件)の見直しを明らかにしました。

平成27年度第2回NUC定期セミナー開催

2015/7/24 

平成27年度第2回NUC定期セミナーは7月、(株)東レ経営研究所特別研究員・岡研一郎氏を講師に「地球環境問題の最近の動向と21世紀の企業と社会のあり方」のテーマで行いました。地球環境を巡る問題がさらに深刻化する中で、その現状と今後取り組むべき方向を考える内容です、講師は、地球環境問題は人類の存続を掛けた問題、と指摘しながら、意識改革の必要性を強く求めました。

NUCデザインの消防団活動服が連続TVドラマ「HEAT(ヒート)」で登場!

2015/7/7 

7月7日(火)21:00より、関西テレビ・フジテレビ系連続ドラマ「HEAT(ヒート)」が放送開始されます。不動産会社のエリートビジネスマンが地域の消防団に入団し、成長していく姿を映し出すドラマです。そこに登場する消防団員が着用する紺色とオレンジの活動服はNUCのデザインです。今後、総務省消防庁が全面協力した映画化も決定しております。

平成27年度第1回NUC定期セミナー開催

2015/5/21 

平成27年度第1回NUC定期セミナーは、「車椅子で生活する方々の衣料品開発について」のテーマで5月20日に開催しました。2020年東京パラリンピック及びその先の高齢社会を見据えての取り組みです。講師はカーレースの大事故で車椅子の身になりながら、その体験をバネに快適な衣生活を提案し続けるピロレーシング代表及びNUC専門委員の長屋宏和さんにお願いしました。

滋賀で世界同時開始のチャリティーマラソン日本初開催

2015/5/12 

脊髄損傷を治療する研究への資金集めを目的としたチャリティーマラソン「ウィングス・フォー・ライフ・ワールドラン」が5月3日滋賀県高島市にて日本ではじめて開催されました。日本時間20時33ヶ国35ヶ所の会場で、約5万人のランナーが同時スタート。日本会場では、NUC専門委員 株式会社アトリエロングハウス ピロレーシング代表 長屋 宏和様が「チームファウストA.G.」のチームキャプテンとして参加されました。

NUCが「HANAE MORI HAUTE COUTURE 森英恵 仕事とスタイル」企画展に協力

2015/5/11 

企画展「HANAE MORI HAUTE COUTURE 森英恵 仕事とスタイル」が2015年4月18日(土)〜2015年6月8日(月)、島根県立石見美術館にて開催中です。本展では華やかなオートクチュール作品を中心に、作品100点以上でその仕事とスタイルを紹介。舞台衣裳や映画衣裳、制服、著作物など、展覧会初出品となる作品も多数展示。展示会の開催にあわせ、図録が発刊されました。NUCが制服のサンプル展示に協力いたしました。

第5回NUC定期セミナー開催

2015/3/26 

今年度5回目のNUC定期セミナーは「国際宇宙ステーションで着用する衣類」と題し3月25日に開催。高度約400劼旅餾蘖宙ステーションで宇宙環境を利用し様々な研究活動を行っている宇宙飛行士が着用している衣類について、どういうものが着られているか。どのようなことが考慮されているかについて、宇宙航空研究開発機構(JAXA)新事業促進センター新事業グループ 山方 健士氏から分かり易く解説して頂きました。

NUC 7年ぶり「ユニフォーム白書」発刊

2015/3/10 

NUCでは、平成5年より、ユニフォームに関する意識を探るため、各種アンケート調査を行っております。今回はその一環として、7年ぶりとなる2015年版「ユニフォーム白書」をまとめました。白書はユニフォーム市場の動向及び意識を把握するものですが、今回は新たに「着せる側」「着る側」「見る側」と、三つの視点による調査を加えました。また過去の調査結果と対比しながら、ユニフォーム市場の現状分析と将来予測も合わせて実施しています。皆様の研究開発にぜひお役立てください。

ユニフォーム白書に関するお問い合わせはNUC事務局までお願いいたします。

第4回NUC定期セミナー開催

2014/12/1 

今年度4回目のNUC定期セミナーは「日本の美意識をデザインに活かす」をテーマに11月26日、開かれました。“まとう”をコンセプトに、独特のデザイン活動をされている講師の株式会社LEWS纏・堀畑裕之氏は、「美しさの水源は、何気ない身近な自然や生き方の中にこそある」と強調。この目線は国境や人種を超えて了解し合える可能性がある、との見解を示されました。

お客様の声を掲載しました!

2014/11/7 

本ホームページに、NUCがユニフォーム相談・診断を手掛けたお客様の声を掲載しました。
新しいユニフォームの写真と共に、お客様のリアルな答えが掲載されています。
こちらからご覧下さい。

わが社の一押し素材を掲載しました!

2014/11/6 

本ホームページの「ユニフォームに関する調査、資料収集、研究開発事業」
の研究開発報告に、素材メーカーの一押し素材を紹介する
「わが社の一押し素材」をアップしました。
日本のメーカーが持つ最先端の技術を駆使した素材を紹介しています。

こちらからご覧下さい。

第28回東京ビジネスサミットに出展

2014/9/10 

nucは本年で第28回目を迎える「東京ビジネスサミット」の特別企画「航空宇宙ゾーン」に於いて、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同出展(JAXA展示スペースの一部)することになりました。
JAXAの新事業促進活動の具体例として現在販売中の冷却下着ベスト型を紹介させて頂き、着用体験ができるコーナーとなっています。冷却下着ベスト型はJAXAオープンラボから生まれたもので、ベストに張りめぐらされたチューブに冷却水が循環することで、身体を冷却し、暑熱下における熱中症対策に効果が期待されるものです。
ぜひ、ご来場下さい。     

■ 会期  2014年10月2日(木)・3日(金)
      10:00〜18:00(最終日は17:00終了)


■ 会場  東京国際展示場「東京ビッグサイト」(東京都江東区有明3-11-1)
TOKYO BUSINESS SUMMIT 28(異業種交流型の展示商談会)西4ホール
出展社名    公益財団法人日本ユニフォームセンター
出展ゾーン   特別企画_航空宇宙
小間番号    S-14


■ 展示物   Cooling by the technology 冷却下着ベスト型

※「TOKYO BUSINESS SUMMIT 28」来場ご希望の方は、下記ホームページからも無料で事前登録いただけます。 https://www.business-summit.net/visitor/index.cfm

第3回NUC定期セミナーを開催

2014/9/9 

第3回NUC定期セミナーは9月、「安全に役立つ色彩の心理効果」と題し行われました、講師の公益財団法人労働科学研究所・落合信寿氏は、安全に関わる色彩規格、色彩の心理効果について平易に説明。その上で、高視認性衣服の応用を具体例に基づいて提案しました。

第2回NUC定期セミナーを開催

2014/7/23 

今年度2回目のNUC定期セミナーは「事例から見るユニフォームデザインの知的財産権」と題し7月22日に開催。身近なビジネスで起こるユニフォームデザインの問題について、虎ノ門総合法律事務所の弁理士・樋口盛之助氏から分かり易く解説して頂きました。

JAXAオープンラボ公募制度を通じて開発された冷却ベストの販売について

2014/5/29 

この度、公益財団法人日本ユニフォームセンターは、帝国繊維株式会社、ほかの協力のもと、冷却ベストを開発しました。
つきまして、「JAXA COSMODE」(JAXA宇宙ブランド)の製品として販売を開始します。
本年度は限定1000着の販売を計画し、5月30日より帝国繊維株式会社より販売開始いたします。
詳細は添付資料をご覧ください。

「2013年度ユニフォームに関する意識調査」報告書発行のお知らせ

2014/4/15 

NUCでは平成5年より、ユニフォームに関する意識を探るため、各種アンケート調査を行っております。 今回はその一環として、ユニフォームの購入ご担当者を対象にユニフォームの着用状況、運用管理方法、考え方等を調査し、「2013年度ユニフォームに関する意識調査」報告書(本文143ページ)を発行いたしました。
報告書には現状のユニフォームの着用実態が詳細に記されています。また一部、過去の当法人による調査、「1996年ユニフォーム決定者への調査」、「2010年作業服調査」、「2009年事務服の調査」、「2005年の企業ユニフォーム調査」との比較分析を行っています。
過去の調査と比較し、ユニフォームへの考え方がどのように変化していったのか、これからどうなるのかを読みとく情報が満載です。皆様の研究開発にぜひお役立てください。


報告書の構成は添付に記載しておりますので、ご参照ください。


「2013年 ユニフォームに関する意識調査報告書」を申し込み希望の方は添付の申込書に必要事項を記入し、NUC事務局までFAXにてお申し込みください。

平成26年度NUC定期セミナー開催のお知らせ

2014/4/15 

当法人では、ユニフォームの改善と改良とその普及活動を通じ、国民の厚生福祉に寄与する活動をしております。その事業の一環として、昨年度より「NUC定期セミナー」を開催しております。
セミナーは、ユニフォームの専門知識、さらには社会のあらゆる分野から知識を提供することで、受講者の皆様が幅広い視点からユニフォームの位置づけを捉えられるよう見識を深めることを目的としております。
本年度のセミナーは皆様からの要望を取り入れ、より興味深い充実した内容をご用意しております。ぜひご参加いただきたく、ご案内申し上げます。



第1回 5月22日(木)
テーマ:高視認性服規格 ISO20471のJIS化に向けた動きと今後の展望
講師:カケンテストセンター 三橋 卓也氏 (技術相談室長)

第2回 7月22日(火)
テーマ:事例から見るユニフォームデザインの知的財産権
講師:虎ノ門総合法律事務所 樋口 盛之助氏(弁理士)  

詳細は添付ファイルをご覧ください。

平成26年度ユニフォーム専門資格認定制度〈上級〉のご案内

2014/4/4 

当法人では平成10年度より、ユニフォーム専門資格認定制度〈初級〉〈中級〉〈上級〉を設け、ユニフォームに関する知識を広め、業界全体のレベルアップを図ってきました。現在では500名を超える方が資格を取得され、日々の業務に活用いただいております。
この度NUCでは6年ぶりに〈上級〉試験を行うこととなりました。上級試験は数年に1度の不定期開催で、近年、より上のレベルを目指したいという中級受講者の皆様より上級試験の開催を望む声が高まっておりました。上級取得者はまだ5名と少ないため、多くの方に応募いただき、ユニフォーム業界を牽引する人材を輩出していきたいと考えております。皆様のご応募お待ちしております。
お申込み希望の方はお問い合わせフォームからご連絡下さい。

第9回NUC定期セミナー開催

2014/2/24 

NUC定期セミナーは、「夢が広がる繊維――e−テキスタイルの開発と応用」との題で2月開き、2013年度の講義を締め括りました。講師の博士(工学)で福井県工業技術センター主任研究員・増田敦士氏は、ユニフォームに応用できるRFID(電波での個体識別)、LED(発光ダイオード)及び太陽光発電などのリボン・テキスタルの開発状況を紹介し、可能性に期待を示しました。

第8回NUC定期セミナー開催

2013/12/25 

第8回NUC定期セミナーは「テキスタイル製品とエコロジー」をテーマに昨年12月に開催されました。講師を務めた、ダイスタージャパン株式会社テキスタイルインデントサービスシニアマネジャーの富田琢二氏は、これからの製品供給は、安全面にも徹底した目配りを­­‐と警戒を呼びかけました。禁止アミンやホルムアルデヒドなど具体的な化学物質を挙げながらの喚起でした。

会員専用ページ更新。基礎研究助成掲載

2013/12/16 

2005年度からのユニフォーム基礎研究助成報告書を会員専用ホームページに掲載しました。
会員の皆様ぜひ、ご覧ください。

第7回NUC定期セミナー開催

2013/11/28 

第7回NUC定期セミナーは「国内外最新ファッション情報」をテーマに昨年11月26日開催されました。東京、パリ、ミラノ、ニューヨークで行われた14春夏コレクションの作品が、今後のユニフォームデザインにもたらす潜在的な影響、つまりインブリケーションの説明を受けたものです。講師は東京ファッションデザイナー協議会(CFD)議長の大塚陽子氏にお願いしました。

第6回NUC定期セミナー開催

2013/10/30 

NUC定期セミナーの6回目は「相手を納得させるプレゼンテーション術――説得から納得のプレゼンテーションへ」をテーマに10月、開かれました。講師の東京富士大学教授・隅田浩司氏には、プレゼンテーションの本質から条件、さらに交渉学の手法までを実践的に説いて頂きました。この中で「自分を語りながら、対話方式で進める」必要性を強調されました。

JAXAオープンラボ公募「宇宙用冷却下着の民生化に向けた検討及び改良の実施」

2013/4/2 

NUCでは昨年「宇宙用冷却下着の民生化に向けた検討及び改良の実施」というテーマでJAXAのオープンラボ公募へ申請し、JAXA内部の選定委員会での総合評価を経て、採択されました。
JAXAオープンラボ公募とは、国内のより多くの企業・大学等が宇宙航空分野へ参入し、社会的・産業的にインパクトのあるイノベーションを実現することで、宇宙航空産業の裾野の拡大を推進していくことを目的とし、申請者がJAXAと共同研究を行うものです。
今回採択された研究は、以前より研究が行われてきた次世代先端宇宙服冷却下着(身体へ密着させた基布の表面にチューブを配し水を循環させる身体の冷却を目的とした下着)を暑熱環境下での作業、特に消防分野に適した仕様へ民生転用化する研究を行いました。
「宇宙用冷却下着の民生化に向けた検討及び改良の実施」
ユニット名 「宇宙用冷却下着の汎用化」
ユニットリーダー 公益財団法人日本ユニフォームセンター
ユニットメンバー 帝国繊維株式会社
株式会社 エイ・イー・エス
協   力   株式会社島精機製作所

義足ランナー 高桑選手ロンドンパラリンピックで快挙

2012/9/10 

NUCが応援している慶應義塾大学体育会競走部所属の高桑早生選手がロンドンパラリンピックに出場し100m, 200mとも決勝進出を果たしました。両種目とも7位入賞という結果でした。
初出場でありながら、見事な結果を残してくれました。今後の活躍が期待されます。

NUC助成研究対象者山中俊治氏著書「カーボンアスリート 美しい義足に描く夢」発行のお知らせ

2012/7/30 

本年のロンドンパラリンピックに出場する、女子陸上競技 高桑選手の義足ウエア研究で、NUCの平成22年度ユニフォーム基礎研究助成の対象となった慶應義塾大学教授 山中俊治氏の著書「カーボン・アスリート 美しい義足に描く夢」が白水社より発行されました。プロダクトデザイナーである山中氏と学生たちが、機能美を備えた競技用義足のデザイン開発に挑んだ三年間の軌跡が描かれています。

義足ランナー 高桑選手ロンドンパラリンピック出場決定

2012/7/12 

NUCが応援している慶應義塾大学体育会競走部所属の高桑早生選手がロンドンパラリンピック出場を決めました。
NUCは平成22年度のユニフォーム基礎研究助成で「義足と身体の一体感を創出する走行用ウエアのデザイン」(研究者:慶應義塾大学政策・メディア研究科 教授  山中俊治)を助成研究対象とし、この研究において高桑選手のための義足ウエアが作成されました。
高桑選手は100M、200Mと走り幅跳びの出場を予定しています。
ロンドンパラリンピックでの高桑選手の活躍を期待しています。

公益財団法人へ移行しました

2011/7/1 

財団法人日本ユニフォームセンターは、このたび公益財団法人の認定を受け、7月1日より、公益財団法人日本ユニフォームセンターと改称し、新しくスタートする運びとなりました。

公益財団法人認定の答申をいただきました

2011/5/23 

2月2日に内閣府へ公益財団法人への「移行認定申請書」を提出いたしましたが、5月13日の公益認定等委員会にて、「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律および公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律第100条」に規定する認定の基準に適合すると認めるのが相当である。との答申をいただきました。

商標「エコロジーウェア」使用についてご注意ください

2010/1/12 

近年の環境問題への関心の高まりと共に「エコロジー」という言葉もすっかり一般化し、頻繁に使用されるようになりました。このエコロジーという言葉に関連し、NUCではいち早く環境にやさしいユニフォームのネーミングとして昭和57年に「エコロジーウェア」の商標登録をしております(登録番号:第1515538)。こちらの商標はNUCに帰属しているため、無断でご使用になることはできません。
「エコロジーウェア」の使用を希望される際はNUC事務局までご相談ください。
NUC事務局の電話番号 03-3401-2111

「国と特に密接な関係がある」特例民法法人への該当性について(公表)

2009/4/28 

詳しくはこちらをご覧下さい。

▲ページのトップに戻る

メールでのお問い合わせ