NUC 公益財団法人日本ユニフォームセンターはオフィスユニフォーム、学生服、スポーツウエアをはじめ企業や各種団体の制服やユニフォームデザインの研究開発をする内閣府認定公益財団法人です。

 NUC紹介ムービー
大きな画面で見る

ユニフォームWEB講座 ユニフォームの歴史からその役割までたのしく学びましょう!

ユニフォーム相談室

内閣府認定 公益財団法人 日本ユニフォームセンター TEL:0120-240617 〒107-0051 東京都港区元赤坂1-4-21 TEL(03)3401-2111 FAX(03)3402-266

NUCラベル

NUCラベル エコロジーウェア

RSS

RSS情報配信について

事業概要

『The UNIFORM』最新号

The UNIFORM バックナンバー

2017年 第50巻3号通巻573

Contents

  • ・NUC公益事業報告:西武バス
    西武グループでバス事業を行う西武バスおよび傘下の西武総合企画、西武観光バスの運転士、事務員と観光事業を展開する西武観光バス、伊豆箱根バス、近江鉄道・湖国バスのバスガイドの制服のリニューアルを行うことになりました。
    それまでの制服は、着用開始よりすでに二十五年以上経ち、素材やデザイン、機能性などが現代にそぐわない点が目立ってきました。そこで、2016 年より制服のリニューアルを検討。まずバスガイドの新しい制服が2017年4月より導入され、さらに¬2018年3月には運転士と現業事務員の制服が導入されています。

    ・NUC定期セミナー
    日本ユニフォームセンター(NUC)は、29 年度第5 回定期セミナーを「スマートテキスタイルの開発動向」のテーマで3 月8 日開きました。近年、導電糸などを活かして新たな機能を付与する素材開発や製品化の動きが世界中で活発です。その現状と将来性について「テクテキスタイル2017」の展示会情報等を交え、福井県工業技術センター・増田敦士氏を講師にお話し頂きました。

    ・展示会情報:第4回アセアン縫製用素材展
    アセアン縫製に対応する“Made by Japan”と“Madein Japan”のテキスタイル及び関連製品を一堂に揃えた「第4回アセアン縫製用素材展」が2月中旬の2日間、東京・北青山のテピアで開かれました。日本繊維輸出組合主催、日本繊維輸入組合協賛によるもので、素材メーカーや商社など14社が参加。 それぞれ品質、コスト競争力などで顧客ニーズに
    添った提案が目立ちました。

    ・REPORT Щ続可能性の取り組みアピール
    地球温暖化の被害が一層広がりそうな中で、生きとし生けるものが共存・共生し、調和する社会の実現が求められています。こうしたなか、2月のユニフォーム展でサスティナビリティ(持続可能性)との取り組みをより鮮明にした展示も目立ちました。ボンマックスのSDGs及びジョアのアンサンブルプロジェクトの例を紹介します

    ・デザイナーインタビュー:天津 憂様
    天津憂デザイナーは、パターンに拘りのある作品で有名です。「ハナエモリ マニュスクリ」のチーフデザイナーなど幅広く活躍されています。NUCの「2020東京五輪・パラリンピックユニフォーム開発提案プロジェクト」のメンバーに参加頂いていることを機にお話を伺いました。制服創りは、パターンの技術を活用しながら素材との相乗効果で、機能性、美しさを追求されているそうです。

    ・【連載】世界の安全証明「エコテックス」特集 1
    サステイナブルな企業への取り組みを紹介します。

    ・[連載]独占禁止法違反を問わないため 4
    立入検査とは
    公正取引委員会が立入検査に着手する端緒
    立入検査後の調査手続

    ・REPORT◆А嵋日外国観光客が見た日本制服の印象」調査報告書 概要(1)
    NUCは、国際化がますます広がる中で、日本の制服がどう受け止められているかを把握するため、「訪日外国観光客が見た日本制服の印象」調査を初めて実施しました。2020年東京オリンピック・パラリンピックを控えて、企業・団体がユニフォームを更改するに当たって、インバウンドの視線も意識する際の参考に繋がることを前提にしました。調査のサンプル数300人は、欧米、中国、韓国、東南アジアなど世界各地から訪日した割には少ないですが、それでも日本のユニフォームに強い印象を抱いていることが分かりました。また、その一方で、海外では各国とも制服に対する認識は日本ほど高くない結果も浮き彫りになりました。日本のユニフォームは、なお爛肇奪 オブ ザ ワールド(世界の頂点)〞に位置している確信を改めて得られたように思います。
     
    ・NUC平成30年度事業計画

TheUNIFORMは(公財)日本ユニフォームセンターが発行している情報誌です。ユニフォームに関する新鮮な情報が満載です。

バックナンバーはこちらから

The UNIFORM、定期購読募集中!!年間購読料:3400円(税込)
お問い合わせ:〒107-0051 東京都港区元赤坂1-4-21
公益財団法人日本ユニフォームセンター
TEL:03-3401-2111 FAX:03-3402-2667
フリーダイヤル番号:0120-240617
PDFファイルをご覧いただくためには、最新のAdobe Readerが必要です。
こちらからダウンロードしてください。
Get ADOBE READER

▲ページのトップに戻る

メールでのお問い合わせ